防災リテラシー研究所設立の趣旨

  平成30年は、高槻での地震、7月の西日本豪雨、台風の襲来、北海道での地震など日本は全国で災害が多発しました。このように災害が多いのは、日本の地理的な位置から必然ともいえるものです。この日本に住む以上、大切な人の命やくらし、自分のまちを守るために、地震や台風、豪雨災害などについて基本的な知識を持っておくことが必要になっています。
防災リテラシー研究所では、その基本的な知識を学び、実践していくことができるようお手伝いします。このホームページでは、防災を学ぶ市民、学生、防災を教える先生方の助けとなるような情報を提供していきます.(平成30年11月17日発足)

このホームページでの防災学習用のコンテンツは「リテラシーの部屋」に収められています.また,「NEWS」および「神戸の窓から」はおもに代表の太田からのブログ発信,「タロウの部屋」は有川太郎先生のブログ発信,「フェロー・研究員の部屋」はフェローおよび研究員からのブログ発信となっています.「防災ゲーム」では,楽しく学べる防災のゲームや防災落語などを紹介しています.

代表  太田敏一
略歴:1972年神戸市役所に入庁,1995年阪神・淡路大震災後の神戸市の復興計画策定に従事,2010年定年退職後、近畿地区 7 高専連携による防災技能を有した技術者教育の構築事業のため明石高専特任教授として近畿の高専で防災リテラシーを講義(~2017年3月).(近畿地区 7 高専連携による防災技能を有した技術者教育の構築事業最終報告書「防災リテラシー教育」

現在、防災科学技術研究所客員研究員.神戸高専,神戸学院大学等で非常勤講師.
地域の防災まちづくりにも積極的にかかわっています.

京都大学博士(情報学)

著書「防災リテラシー」森北出版,「12歳からの被災者学」NHK出版ほか

特別研究員(フェロー)

有川 太郎    中央大学理工学部教授

浦想亭 田斎   落語作家

大塚 毅彦    明石高専建築学科教授

片岡 幸壱    福祉防災(ユニバーサルデザイン)

齋藤 朝子    埼玉県立日高特別支援学校 小学部教諭

坂田 松夫     行動心理士,救急救命インストラクター

佐々木 孝子   早稲田大学台湾研究所客員次席研究員

鈴木 沙代      株式会社たがやす取締役

田中 昌平             WEB システム開発者

濱 尚美     神戸クロスロード研究会代表

藤岡 達也    滋賀大学大学院教育学研究科教授

松岡 達郎             六甲山私有林研究会代表

松野 泉     神戸高専ほか非常勤講師

本塚 智貴    明石高専助教

研究員

有坂 めぐみ   兵庫県立大学大学院(看護学)

多田 裕亮    滋賀県立大学環境科学部

東條 翔     大阪大学工学部

渡部 桂太朗   大阪大学工学部

特別顧問

林 春男    防災科学技術研究所理事長

協力団体

明石高専防災団(D-PRO135°)

神戸防災技術者の会(K-TEC)

むす部(関西福祉グラレコグループ)

連絡は下記までメールでお願いします

ota-toshikazu@bosailiteracy.org