Google Earthでの様々な活用法を紹介します.

準備:Google Earth Proをインストールする

  下記リンクからGoogle Earthをインストールします.
https://support.google.com/earth/answer/21955?hl=ja

  インストールしたらGoogle Earthを開きます.

1.kmlファイルをドロップする

 サンプルとして富士山の火口の中心にマークを付けたkmlファイル「Mt.Fuji Center.kml」を作りましたのでダウンロードしてください.そのファイルをGoogle Earthにドロップします.すると地球から富士山火口にズームインします.左の欄の保留の下にkmlファイルが登場しチェックが入っているのを確認してください.

2.新しくマークを付ける

 どこかにマークを付けてください.ピンのマークを押すか下図の「追加」→「目印」を押して,所定の場所でクリックします.名前を付けます.ここでは「測候所」としました.ピンの種類もかえることができます.「保存」を押すと保存され左の「場所」の欄に「測候所」という文字が出てくるので右クリックして「名前を付けて場所を保存」を選択します.名前を付けてファイルの種類をkmzからkmlに変更して保存します.ここでは「sokkosyo.kml」としました.ダウンロードできるので試しにGoogle Earth上に展開してみてください.

kmlファイルは,地図をウエブ上で表現するマークアップランゲージの一つです.ファイルタイプをkmlにしておけば地理院地図でも開くことができます.

3.タイムスライダーで東北の復興状況を見る

  Google Earthには,「タイムスライダー」という過去の写真を見ることができる機能があります.

 下図に示す,上の欄のアイコンです.

 この機能を使って,東日本大震災被災地の復興状況を見てみましょう.

  1)検索欄に「陸前高田市」と入れて場所を開きます

  2)タイムスライダーを開いて過去の写真を見ることができます.
   1枚目は2011年3月13日,津波のあとの様子がそのまま写っています.
   2枚目は,2017年10月,復興が進んでいるのがわかります.

 このタイムスライダーとkmlファイルを活用して,新しい道路ができる様子を見ることができます.

  →新しい道路のビフォア・アフターを調べる

4.デジタル台風で台風の進路kmlファイルを入手しGoogle Earthで表示する

 デジタル台風というサイトは,日本を襲った台風をすべてデータ化してくれています.この中の「過去の台風」から2018年の台風21号の軌跡を入手しましょう.

2018年をクリックしてから,201821をクリックします.下図が開きますので,Google Earthをクリックし,2018.ja.kmlをダウンロードします.

ダウンロードしたらそのkmlファイルをGoogle Earthにドロップしてください.下図が展開されます.

なお,Google Earthでコースの線の色を変える方法については「台風情報をマップシートで整理する」を参考にしてください.

5.Google Earthを使う場合に知っておきたい2つのショートカットキー

 Google Earthを使うに際して便利な2つのキーを知っておきましょう.

 1)真上から見る:u

  Google Earthはどんどんアップすると少し斜めからのビューになります.そのとき真上から見たいときは「u」を押してください.

 2)真北にする:n

  Google Earthをいろいろ回転させたりして真北がわからなくなったときは「n」を押してください.真北に戻ります.