町丁界を入手する

地図に町丁目の境界ラインを入れたいときは下記の方法で境界ラインのkmlが入手できます.

1.政府統計の窓口e-Statの「地図で見る統計(統計GIS)」にアクセスします.

2.このなかにある「>統計データダウンロード」を選択します.

3.「境界データ」を選択してから「国政調査」を選択し,「小地域(町丁字等別)」を選択します.

4.「世界測地系緯度経度・kml」を選択します.

5.その中のリストから見たいデータをダウンロードします.大きな都市では区別のデータまで得ることができます.
  ためしに「大阪府→大阪市東住吉区」を選択し,右のkmlファイルのボタンを押すとzipファイルが入手できます.

6.zipファイルを解凍するとkmzファイルが入手できます.kmzファイルは「Lhaplus解凍ソフト」のような解凍ソフトで解凍するとkmlになります.この方法で入手した東住吉区と平野区のkmlファイルをリンクから入手できます.

 このように入手した町丁界は下記のように表示されました.

7.地理院地図VECTORではkmlは扱えず,GeoJSONに変換する必要があります.その場合は,いったん地理院地図にkmlファイルを開いてからGeoJSONで保存しなおしてください.あるいは地理院マップシートで開いてからGeoJSONで保存してもOKです.

← 「まち歩きで書き込む地図を作る」に戻る