自分の防災マップを作るための地図の縮尺は,少なくとも歩く道が細い道でも全部示されていることが必要になります.そのためあまり大縮尺の地図は使えません.2,500分の一の都市計画図くらいがちょうどよい縮尺でしょう.自分のまちが都市計画区域である場合は役所に行けば2500分の1の縮尺の都市計画図が購入できますが,結構高い(1000円くらい)です.そこにいろいろ歩いて得られた情報を落書きのように書き込むのはもったいないので,私は次のような方法で自分で持ち歩き用の地図を作っています.

1.パソコンで地理院地図(注)を開き,適当な縮尺にします.このとき,歩く道がわかる程度の縮尺とすることが必要です.

(注)地図は地理院地図でなくてGoogleMapなどほかの地図でもかまいません.市町によっては都市計画図(白図)をネットで公開しているところもあります.都市計画図には,民間施設であっても目印になるような場合は施設名が書いてあったりするので使いやすいです.公開の仕方はラスター(紙地図のスキャンデータ)であったりベクトル地図であったりしますが,どちらでも利用できます.
 ただし,地図には著作権があります.自分で使うだけの場合は問題ありませんが,公開するような場合は使用の際の条件を確認して使ってください.

もう一つの画面でエクセルを開いておきます.自分の自宅と避難したい避難所(少なくとも2か所)も入った範囲の地図を作りますが,すべての範囲が一つの画面内に収まっている必要はありません.
 また,すでに下調べの時に調べたハザードマップなどの重要な情報として必要な場所(たとえば近くの海や川,警戒区域,よく浸水する場所など)はその地図に含まれている方がいいので少し広めの範囲を設定しましょう.

2.SnippingTool(Macの場合はオンスクリーンコントロール) を開いて 画面の必要な部分をキャプチャします.キャプチャしただけでクリップボードに保存されているので,それをエクセルの画面上で右クリック(または【Ctrl】+V) して ,エクセルに貼りつけていきます.一画面でおさまらずにスクロールが必要な場合は,スクロールしながら何枚かをキャプチャし貼り付けていきます.エクセルは,図を重ねあわせるときに,下の絵も見えるようになっているので非常に重ねあわせやすいです.また,エクセルならそこに文字や図形などを書き込むのが簡単です.

3.エクセルの印刷画面で用紙の設定をします.A3サイズまでに設定します.サイズを設定したらそれをpdfとして名前を付けて保存します.自宅のプリンターがA4しか印刷できなくても,pdfにすればそれをUSBメモリに入れてコンビニに行けば多機能プリンターでA3まで安価に印刷できます.

4.国土地理院地図切り取りサイトを活用する
 このサイトは,自由な切り取りで,家の形のある地図が入手できます.
まず,ここから新規登録をしてログインします.次に地図の所定の場所を開きます.
画像枠作成(+マーク)を選択して枠を作ります.このときユーザー設定で「画像枠を任意の多角形で作成」にしておくとやりやすいです.


 画像枠を選択して「画像生成」で地図が画像として生成されます.この地図は,家形がポリゴンになっているので画像ソフトで簡単に色を塗れたりします.
まち歩きには非常に重宝します.また画像なので,エクセルに貼って印刷するにもやりやすいです.特に,南北方向がねじれているような地域の場合は,整形もしやすいです.

 このサイトは下記でも紹介されています.
窓の杜:特定エリアの地図を1枚の画像として切り出せる「国土地理院地図切り取りサイト」

→ 自分で作る防災マップ