新型コロナのデータを見る

 新型コロナウイルスによる感染症が世界中で広がっています.世界の感染状況を知るために様々なデータが公開されています.例えばWHOでは,今までのSituation Reportをpdf形式で提供するだけでなく,GIS化されたダッシュボードでデータをビジュアルに公開するようになりました.
 また,EUEuropean Centre for Disease Prevention and Controlでは,データを整理し,グラフ化して見せているだけでなく,「Download today’s data」からデータをCSVで入手できるようになっています.
 ジョンズホプキンス大学のダッシュボードは,日本のマスコミでもよく引用されるサイトですが,様々なデータをGISやグラフなどで見ることができます.ブロックで区切られた部分は各ブロックの右上のボタンで拡大することができます.一番下の中央部のコメントを拡大すると,Downloadable database: GitHub: Here.と書いてあることろからGithubに飛び,Clone or Download を押すとzipファイルをダウンロードできます(Sign inは不要).
 また,Worldometerのコロナ関連サイトでは,あまりほかでは掲載されていない回復者数や重症者数も国別に整理されています.CSVの入手はできませんが,コピペでエクセルに簡単に移せますのでデータを活用できます.

 このような様々な情報を,地図とグラフを使って見れるようにしてくれている特におすすめのサイトがあるので紹介します.Our World in DataというところのCoronavirus Disease (COVID-19) – Statistics and Researchというサイトです.このサイトを少し下に送っていくと「All Our Chart on Coronavirus Disease (COVID-19) – Statistics and Research」という項目が出てくるのでそれをクリックするとたくさんの項目が開きます.(日々デザインが更新されていますので,開いて目的の項目を探してください)

 例えばこの中の「Confirmed COVID-19 cases per million people」を開いてみます.そうすると下図のようなグラフが開きます.右上にあるAdd Coutryを押すとグラフに表示する国が選べます.

 そこで,例えばJapan, Italy, Spain, South Korea, United Stateを選んで,かつ,右上のWorldを消してから,最後に右上の×印を押します.すると下図のように選択した国々のグラフに変わります.

 このサイトのすばらしいところは,このグラフを対数表示にもできることです.感染症の広がりのような指数関数的な現象は対数グラフで表示すると傾向をつかみやすいのです.そこで左上のLinearを押してやるとLogに変わり下図のように対数表示になります.

 このように対数グラフにすることで,数字が小さくて見にくかった日本のデータもわかりやすいし,また,今後の予測としてもわかりやすいグラフになりますね.
 このグラフの下にあるDATAを押すとすべてのデータのCSVがダウンロードできますのでエクセルで自分の目的に合ったグラフなども作成できます.また,MAPを押すと世界地図に変わり,目的の国を押すと,その国のグラフに変わります.やってみてください.
 このサイトの全データは最初の画面の下記からダウンロードできます.

また,人々の移動についてGoogleが“Covid19 Community Mobility Report”でデータを公開してくれています.駅や公園などいろいろな場所での移動量を数値化しています.

日本でのデータサイトも紹介しておきます.
まず,厚生労働省のサイトでは発生状況やクラスターの発生状況のほかに,GISやグラフを使って見やすくしたサイトもありますが少し重いので動きが悪いです..

東洋経済ONLINEの「新型コロナウイルス国内感染の状況」では,全国の状況をグラフを使ってまとめていて,簡潔で見やすいです.ここはデータをCSVで公開してくれています.

日経新聞も「チャートで見る世界の感染状況 新型コロナウイルス」というページで,日本と世界のグラフをわかりやすくまとめ解説を加えたサイトを作っています.ここは,データの公開はありません.

ジャッグジャパンの「都道府県別新型コロナウイルス感染者数マップ」というサイトは,データを30分おきに自動更新していて最新の情報が入手できます.厚労省のサイトよりももう少し軽快です.しかも左上欄外からCSVやGeoJSONのデータが入手できます.国内のデータを使ってエクセルで整理する場合にはここからの入手がまとまっているのでおすすめです.このホームページはジョンズ・ホプキンス大学のHPと同じタイプなので,それぞれのブロックの右上の丸いアイコンを押すとそのブロックが拡大されて表示されます.このサイトの上の欄外にある活用例では,ここのデータを使って様々な試みが紹介されています.

個人で毎日データを更新してくれているサイトがあります.「新型コロナウィルス都道府県別感染者数の傾向」では,都道府県ごとの日々の発生傾向をグラフ化してくれています.
Mihira Yoshihiroさんが公開している「新型コロナウイルス受診都道府県毎のn番目のケースからの日数による累積陽性患者数(片対数グラフ)」では,累積患者数の最新を都道府県別および日本と諸外国との対比でわかりやすくグラフにしてくれています.

 札幌医科大学医学部フロンティア医学研究所では,「新型コロナウイルス感染者数・死者数のトラジェクトリー解析」を提供してくれています.世界や国内の感染者数や死者数の変化をとらえやすいグラフとして提供してくれています.

地方自治体でも,東京都兵庫県などいろいろな自治体でも情報を提供していますので確認してください.

→ コロナで学ぶエクセル 1 累計のグラフを作る

→ コロナで学ぶエクセル 2 簡単な関数と7日平均グラフ

→ コロナで学ぶエクセル 3 世界のデータを見る

→ コロナで学ぶエクセル 4 米国のデータから

→ コロナで学ぶエクセル 5 年代と性別で集計 

→ コロナで学ぶエクセル6 実効再生産数Rtの計算

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です